2010年01月21日

竪山容疑者、放火ほのめかす供述も 千葉大生殺害(産経新聞)

 千葉県松戸市で昨年10月、マンションの一室が焼け、この部屋に住む千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん(21)が殺害された事件で、荻野さんのカードで現金を下ろしたことを認めている、住所不定、無職、竪山辰美容疑者(48)が、「荻野さんを刺した」などと話し、放火についても部屋に火を付けたことをほのめかす供述をしていることが14日、捜査関係者への取材で分かった。また、竪山容疑者の供述した場所から、凶器とみられる包丁が発見された。

 捜査関係者によると、竪山容疑者は昨年10月21日、荻野さん方に侵入し、キャッシュカードを奪って現金自動預払機(ATM)から現金を引き出したことを認めた上で、「もみ合いになり、刺してしまった」などと供述。翌22日午後8時過ぎに荻野さん方が放火された件についても、部屋に火を付けたことをほのめかしているという。荻野さん殺害に使用されたとみられる刃物は供述通り、現場付近で発見された。

 捜査本部では、竪山容疑者の供述と、荻野さんの遺体の状況に矛盾がないか慎重に捜査している。

 竪山容疑者は同県佐倉市の女性2人への強盗致傷容疑などで、6日に再逮捕されている。逮捕は3度目。

【関連:殺人事件】
[千葉大生殺害] 「荻野さんを刺した」 竪山容疑者の供述通り凶器も見つかる
「手かざしで治る」放置し乳児死なす 宗教法人の両親
リトルトーキョーのホテル支配人殺人容疑で宿泊客の中国人逮捕
[羽曳野殺害] 迷彩服好み、勤務先の斎場でもトラブル…羽曳野銃殺の男
[羽曳野殺害] 被害者「死ぬんや…悔しいな」 胸・腹いきなり発砲

エスカレーターで転倒8人軽傷=NHK施設見学の中学生−名古屋(時事通信)
<お別れの会>吉村茂夫さん=2月12日、大阪市のホテルで(毎日新聞)
遺族「長かった」 大阪・富田林ひき逃げ(産経新聞)
<雑記帳>大隈重信が記念貨幣に(毎日新聞)
「児童」受給者は申請免除=子ども手当で−厚労省(時事通信)
posted by オシダ シズオ at 13:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<原爆ドーム>被爆前の姿再現 日米の映像チームが共同作業(毎日新聞)

 広島・原爆ドームの被爆前の姿を再現しようと、日米の映像技術にかかわる専門家グループが製作していた画像が完成した。ハリウッドの大作にもかかわったスタッフらが、CG(コンピューターグラフィックス)やVFX(特殊視覚効果)など最先端の技術を駆使し、広島県産業奨励館と呼ばれていた当時、対岸の旅館の窓から見た光景などを鮮やかによみがえらせた。原爆が奪ったものを歴史に刻もうと、昨年10月から共同作業を進めていた。【宇城昇】

 「核なき世界」への歩みを進める日米共同作業−−。原爆ドームの被爆前の姿がハリウッドの映像技術を用いて再現された。被爆者の証言などを頼りにCGやVFXを駆使、人類の「負の遺産」とされる原爆ドームが、「広島県産業奨励館」と呼ばれ、人々の集う場だったころの姿がよみがえった。

 画像は証言や資料などを基に青銅色のドーム型屋根や外壁の意匠、窓に揺れるカーテンなど細部まで作り込まれている。川を挟んだ「福亀旅館」の障子窓を開けた遠景に見える姿など数パターンの画像が作られ、障子を抜ける柔らかな光も表現された。

 画像製作は昨年10月に始まった。米国側スタッフは、映画関係者を多数輩出した南カリフォルニア大の教授陣や大学院生ら。気候変動を描いた映画「デイ・アフター・トゥモロー」(04年)でVFXを手がけたエリック・ハンソン准教授は「このプロジェクトは歴史に学び、平和をはぐくむ努力を強化する」と意義を語る。

 日本側は東京大や早稲田大、東京電機大の研究者、TBSテレビのスタッフらが連携して臨んだ。広島市で98年から爆心地のCG復元を続ける被爆者の田辺雅章さん(72)の生家は奨励館の東隣。両親と弟は被爆死した。奨励館の思い出を伝え、データ提供でも協力した。「優れた技術で正確な姿を歴史に残したい」と期待する。

 爆心直下の旅館には福島和男さん(78)=広島市=の両親や祖父母ら6人がいたが、遺骨も見つからなかった。学徒動員中で一家で唯一助かった福島さんは奨励館の庭で夏、セミ捕りをして遊んだ思い出があるという。「自分たちの遊び場だった当時を思い出す」と画像を見ながら懐かしそうに話した。【宇城昇、加藤小夜】

【関連ニュース】
20年五輪:長崎市、広島市との共催断念
山口彊さん死去:「8月6、9日は僕の命日」
山口彊さん死去:二重被爆者93歳 非核・平和訴え
20年五輪:JOC、広島・長崎共催拒否 世論支持を懸念
20年五輪:「広島、長崎共催は推薦できない」JOC会長

「攻めろ」小泉元首相、谷垣総裁に助言(読売新聞)
<阪神大震災>09年の孤独死62人(毎日新聞)
<日本航空>新社長 ジャルエクスプレスの来栖社長が有力に(毎日新聞)
重要民俗文化財 沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)
「借りたカネは返すな! 」著者逮捕=顧客に脱税指南容疑−さいたま地検(時事通信)
posted by オシダ シズオ at 03:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

<共産党>党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ(毎日新聞)

 共産党の第25回党大会が13日、静岡県熱海市の党施設で始まった。中央委員会報告で志位和夫委員長は、昨年の衆院選による政権交代を評価したものの、米軍普天間飛行場移設問題や国会法改正などを挙げて政府・民主党への批判を強め、次期参院選での党勢拡大を訴えた。最終日の16日には志位氏と市田忠義書記局長が再任される見通しで、参院選は同党が2大政党のはざまで埋没するか踏みとどまるかの正念場となる。

 報告の中で志位氏は「民主党は衆院選では『政権交代』を訴えれば勝利できた。参院選では実績が問われる」と指摘。普天間問題の結論先送りや国債発行に頼った10年度予算編成、鳩山由紀夫首相らの「政治とカネ」の問題などを次々に批判した。共産党は鳩山政権に是々非々の「建設的野党」の立場で臨んできたが、参院選を控え独自色を出し始めた格好だ。

 一方で、政府・民主党の子ども手当や農業者戸別所得補償制度を「社会主義的政策」と批判する自民党に対しても、志位氏は「あれが社会主義だったら苦労しない」と反論し、一線を引く姿勢を強調した。

 「志位−市田」体制が発足した00年11月以降、共産党は参院選で01年5議席▽04年4議席▽07年3議席−−と議席を減らし、3回の衆院選はいずれも9議席にとどまる。次期参院選では現職の小池晃政策委員長を東京選挙区候補に回し、比例代表と合わせて6議席の獲得を目指すが、ハードルは高い。【中田卓二】

【関連ニュース】
共産党:旗開き 「参院選で躍進しよう」…志位委員長
普天間移設:首相「悩んでいる」 志位委員長と会談
共産委員長:天皇陛下会見「丁寧な対応が望ましい」
政界:共産党が旗開き
語録:真剣に聞いてくれた−−志位・共産党委員長

<川端文科相>団体が無償事務所費計上(毎日新聞)
<リコール>「エクスプローラー」1万3729台(毎日新聞)
大人気瀬戸内海の無人島 落札価格は2、3千万円? (J-CASTニュース)
「中国の脅威化」日米で対応=同盟深化協議で提起へ−政府(時事通信)
<公設派遣村>「200人所在不明」に反論 市民団体(毎日新聞)
posted by オシダ シズオ at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。