2010年01月12日

ゲーム店強盗相次ぐ 茨木、城東 府警が関連捜査(産経新聞)

 11日午後10時45分ごろ、茨木市大手町のゲームソフト店「わんぱく茨木店」に男が押し入り、男性店員(22)に包丁のような刃物を突きつけて「金を出せ」と脅し、現金約55万円を奪った上、店員の腹を刺して逃走。店員は全治約2週間のけがをした。

 また、同11時ごろには、約12キロ離れた大阪市城東区今福西のゲームソフト店「おじゃま館蒲生店」に男が押し入り、包丁で男性店員2人を脅した上、手足を粘着テープで縛り、現金約35万円を奪って逃げた。

 茨木、城東両署が強盗致傷と強盗の疑いで行方を追っている。両署によると、男はいずれも30〜40歳で、身長170センチ前後。黒っぽいジャンパーとニット帽、マフラーを着用していたといい、連続強盗の可能性もあるとみて調べている。

すべらんなー
ナマデスガ何か
クレジットカード現金化
ライブチャット
クレジットカード現金化 比較
posted by オシダ シズオ at 19:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【科学】「クラゲ星雲」火の玉だった X線天文衛星で観測(産経新聞)

 ふたご座のクラゲ星雲が、4000年前の超新星爆発の直後には1億度を超す超高温の火の玉だった証拠を、理化学研究所と京都大学、首都大学東京の研究グループがとらえた。X線天文衛星「すざく」による観測成果で、クラゲ星雲は爆発直後に急激に熱くなる新しいタイプの超新星の残骸(ざんがい)であることが分かった。

 太陽の10倍以上の重い星は、生涯の終わりに大爆発を起こし、新しい星が生まれたように明るく輝くことから超新星爆発と呼ばれる。クラゲ星雲は超新星の残骸で、現在は約700万度の高温ガスで覆われている。研究グループは「すざく」によるX線観測のデータを解析し、ケイ素や硫黄の原子核から電子が完全に離れた「完全電離イオン」が大量に含まれていることを突き止めた。

 ケイ素や硫黄が完全電離するには、700万度の数倍以上の高い温度が必要で、クラゲ星雲が過去に超高温の火の玉だった証拠となる。これまでに観測された超新星残骸はすべて、爆発後に「ゆっくり熱くなる」タイプで、このような完全電離は起こらない。クラゲ星雲の場合は、終末期にできた厚い雲が爆風によって一気に加熱され、数年後には1億度を超える火の玉になったと考えられる。

こう見えても、大工なんです。
minatarouのブログ
モバイル ホームページ
ショッピング枠現金化
自己破産
posted by オシダ シズオ at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。