2010年04月23日

報国寺 青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)

 風が吹くとザワザワという音と共に、水滴が顔に落ちた。孟宗竹(もうそうちく)が雨にぬれ、青竹色を深める。

【写真特集】春の草花をみる 毎日植物園・春

 神奈川県鎌倉市の報国寺にある竹林の庭園。40年ほど前に先代の住職が、江戸時代から自生する竹林を多くの人に見てもらおうと整備した。生えたタケノコはそのままにし、10年たつと間引く。手入れの良さがうわさになり、いつしか「竹寺」と呼ばれるようになった。

    ◇

 竹は成長するにつれ、若竹色から青竹色、黄色っぽい色へと変化する。【梅村直承】

【関連ニュース】
掘り出しニュース:親子タケノコ、府中で見つかる
<春の雨>上井草球春譜
タケノコと草餅の会:春の味覚、200人舌鼓−−名張 /三重
後場市:県産タケノコ初 金沢で競り /石川

略称「日本」で混乱、田中康夫氏が不快感(読売新聞)
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う−佐賀県警(時事通信)
<被爆マリア像>欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
沖縄通過の中国艦艇、その後に沖ノ鳥島近海へ(産経新聞)
田辺三菱の子会社、治験データ改竄 厚労省 トカゲのしっぽ切り許さず(産経新聞)
posted by オシダ シズオ at 08:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)

 春の全国交通安全運動(6〜15日)期間中の交通事故死者数は96人で、警察庁が1954年に統計を取り始めて以降、秋も含めて最も少なかったことが16日、同庁のまとめで分かった。前年より12人少なく、初めて100人を下回った。

 ピーク時には春で372人(70年)、秋で446人(71年)が運動期間中の事故で死亡している。今期間中の事故死者の約半数が65歳以上で、シートベルト非着用が原因の死者は昨年より4人増えて18人。都道府県別死者数は兵庫県が7人で最も多く、千葉、石川など10県はゼロだった。【合田月美】

【関連ニュース】
ひき逃げ:逆走し逃走の乗用車が衝突 3人軽傷 大阪
酒気帯び運転:都立高副校長が交通事故…容疑で書類送検へ
女児ひき逃げ死:元理事長に実刑 横浜地裁判決
パトカー:乗用車と衝突、男性軽傷 神奈川・相模原
酒気帯び:神奈川県議が追突、逮捕

税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー−金融庁(時事通信)
「酒飲み聖火ランナーのまね」=JA侵入、ほうき燃やす−男子高生ら逮捕・警視庁(時事通信)
気分はサーカス? 「エアリアル・ティシュー」を用いた運動が人気(産経新聞)
町長が長屋王に変身=奈良県平群町〔地域〕(時事通信)
死者96人、初の2けた=飲酒運転の事故も大幅減−春の交通安全運動中・警察庁(時事通信)
posted by オシダ シズオ at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

愛知・豊川の家族5人殺傷 ネット回線再解約が引き金に(毎日新聞)

 愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、岩瀬高之容疑者(30)=殺人未遂容疑で逮捕=がインターネットを使用する電話回線をいったん家族に止められ、事件2日前の15日に「殺して火をつけてやる」と家族を脅していたことが一家の関係者の話で分かった。高之容疑者は自分で回線を復活させていたが、家族は16日に再び回線を止め、17日未明に事件が起きた。県警豊川署はネット使用を巡る一連のトラブルから高之容疑者が怒りを増幅させたとみている。

【豊川・家族5人殺傷】「何でおれのインターネットを解約した」容疑の長男、以前からトラブル

 殺害された岩瀬一美さん(58)の次男(24)の会社関係者や親族によると、高之容疑者は2〜3年前から一美さん名義のクレジットカードを使い、ネットオークションや通信販売でゲームなどを買っていた。自室は商品でいっぱいだったという。

 一美さんは事件の約2週間前に自宅の電話を止めたが、高之容疑者は勝手に回線を復活させた。15日には次男と三男文彦さん(22)を「インターネットを止めやがって。殺して火をつけてやる」と脅したという。

 だが16日、一美さんは再び電話を止め、高之容疑者は17日未明にネットが使えないことを知った。同署の調べでは、高之容疑者はこの後、「誰がネットを解約したんだ」と言って一家を次々と包丁で刺したとされる。

 同署は18日、高之容疑者を殺人と殺人未遂容疑で名古屋地検豊橋支部に送検した。【沢田勇、山口知】

 一家の関係者によると、殺害された岩瀬一美さんの毎月の給料は無職の長男、高之容疑者に管理されていたといい、引きこもり状態だった高之容疑者と家族のいびつな関係が浮かぶ。

 一美さんの同僚によると、一美さんは約30年前から豊川市内のガス会社に勤務。次男の会社関係者や親族によると、給料を管理していたのは高之容疑者で、20万〜30万円の収入から一美さんに5万円、母正子さん(58)に4万円を毎月渡し、残りを自分で使っていたという。

 こうした状態について、次男は会社関係者に「父が兄に強く言えない」と話していた。一美さん自身も親族に「私が言うと(高之容疑者が)怒るんだよ」と困った様子で話していたという。【沢田勇】

【関連ニュース】
【豊川・家族5人殺傷】「ネット競売、借金300万円」 父、警察に相談
【豊川・家族5人殺傷】「何で解約したんだ」/外との接点絶たれ(その1)
【豊川・家族5人殺傷】「何で解約したんだ」/外との接点絶たれ(その2止)
【豊川・家族5人殺傷】なぜ孫娘まで… 近隣住民ら絶句

学生監禁致傷公判 元巡査 罪状認める 神戸地裁(産経新聞)
蘇ったキトラの壁画石室 複製陶板で凹凸や土質まで(産経新聞)
玉東町課長補佐、収賄で再逮捕=見返りに自宅車庫つくらす−熊本県警(時事通信)
保健師個人を対象とした初の全国調査―日看協(医療介護CBニュース)
増税路線へ転換模索=削減限界、与野党協議に活路−鳩山政権(時事通信)
posted by オシダ シズオ at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。